「『最初に学ぶべきプログラミング言語』は教えてくれる人がいる言語」 これを、教えて欲しかった。

『初めに身につけるべき言語は。教えてくれる人がいる言語』
これを、教えて欲しかった。

mizchi.hatenablog.com

初めに身につけるべき言語は。
自分なりに、もやもやっということを、吐き出して整理の為に書いています。

自分の場合の事例。

Rで充分だった。教えてくれる人がいる言語は、それだった。
身近に必要な要素を含めて教えてくれるというか、要件を満たした言語はRだった。
グラフが100個とか200個を自動でかけたり、
さくっと、インタラクティブな操作が出来れば良かった。
懇切丁寧に教えてもらえなくても良いので、何をどう動かせば、必要な命令になるのかが、知りたかった。
RもRstanとか見始めると、もう、なんか、スゲー色々と学ぶことがありそうで、方向性が分からないが。

自分の経験半径5メートルの経験で言うと。

別にプログラミングは出来ても出来なくてもどっちでも良い環境にいた。
プログラミングは自学自習が基本と言うことで、詳しい人が周りにいても。
「これを読んでね」
「頑張ってねー」で終わっていた。
また、なんか、『ハッカーになろう』という素晴らしく主観に基づいた思想の文章を勧められたこともあった。
Dive into pythonを勧められて、良く分からんと思い、
そして、perlをゴニョゴニョとテキストでいじり。
pythonをLearn python hardwayで、vimでちまちまとやったり。
(なべつぐの数学という参考書のようで、体力任せには良い教材。)
グラフとかを自分なりにmatplotlibなんかで、触って。

自分の場合はある程度の経験はあったが。

linuxについては、ある程度の経験があったのだが、プログラミングは別物。
(脱線的な例え話だと。ギターで言うと、コード伴奏がサーバ管理で。タブ譜面でいいから、一音一音弾けるのがプログラミングのような)
Red hat系統yumでインストールする系の入門程度。
「エラーメッセージはググると良いよ」「なるべくマニュアルmanはチェックしてね」
だけど、解決に至るかどうかははてなだった。
Stack over flowなどの質問サイトの存在は知っているが、マサカリが怖いし、何を聞いたら良いのかが、分からない。

環境構築の一つにパッケージ管理方法の選択がある。

例えば、pythonにおけるパッケージ管理方法は何が良いのか?
どのようにenthought python distributionがいいのか。
それとも、anacondaがいいのか、って迷ったり。
programingは、学ぶための時間が馬鹿にならない。

GUIのオフィスソフトも、使い方によっては、費用対効果は良い

GUIだって馬鹿に出来ない。
例えば、MacにおけるExcelのショートカットキーも憶えるだけで格段に違う。
パワポExcelでcomd + Dで複製が出来るってことを学ぶだけでも相当に速く編集が出来るようになる。
その何を必要としているか、によって、Excelだけで要件を満たすような作業も、多い。
Excelとデータ分析は、量が1万行とかにならない限りは、使うんだし。
まー、使う機会は多いよね。

実用と理論の乖離

プログラミングも、最初は、何をやってるのか、はてな??だった。
なぜ、ベクトルを学ぶ必要があるのか。
辞書・リスト・ディクショナリーってなんだ?
みたいな。
基本のFuzzBizzとかも、素数をカウントする問題とかも、ある程度
ループを動かせるとプログラミングをやってる感が増す。

というわけで、まとまらないが。

いや、なんか。どうでも良い記事なのかもしれないが。
数学や英語の基本を学ぶことと似ている。
プログラミングするという経験を通じて、何を学ぶべきかが見えてくる部分がある.
積み上げ学習だ。
辞書の引き方が上手くなっていくようなものだろうか。
  
プログラマーの人もある言語、pythonならpythonの全部を知っているわけではない。
Rだってggplotのコードが、そのままコピペで動かなくなることがる。
パッケージなんかは毎年更新される。

色々と、これもまた、経験なのだろう。
  

いまさらなんだが、ひとりごと

面白かったなー。
美しき罠ー残花繚乱ー

  
パーティーから始まるのって、「ゴットファーザー」で使われていた、手法なんだよね−。
登場人物が
主人公のサスペンスホラーコメディという話があるらしいが。

大げさな分かりやすい演技で、コメディということらしいが。
はぁ。
ジャンル良く分からない。
  

  



  

表現のプロの人達

売れてる漫画家ってやっぱり、理由があるんだね。

『桐島、部活辞めるってよ』の朝井リョウさん。
東出昌大 × 朝井リョウで、達人?SWITCHインタビューを見たときに話していたのだけど。
「プロだから、女性心理の描写も出来る」と言い切っていて、スゴいなーと。
思うシーンがあった。
  
今日は、「働きマン」(安野モヨコ)(第一巻2004年)を読んだ。
この人も表現のプロだと、思った。取材もスゴいが、人間観察力もスゴい上手いのだと思う。
若手編集者(23才)が、先輩に仕事を持って行かれた悔しさの余りにあんパンを頬張るシーンがあるんだけど、アップから引きのコマで、その悔しさを表現してるんだよね。
すごく上手かった。
lineblog.me
f:id:H58:20160609224447p:plain



こういう人って、何をやっても成功しそうだよね。
  
例えば、営業や水商売をやったとしても『何が、顧客の地雷なのか』を察知しそう。
  
普段、読まない漫画を読んで、面白かったな、という感想です。


まとまらなくなるね。
  
以下、蛇足。
最近は、東京喰種のにハマったりしていた。
石田スイさんも、描写の力ってスゴいんだよな。
作品の中に作家が出て来たりする漫画は、「まんが道」とか東村アキコのモーニングで連載していたと一緒で面白いね。
  
  

波瑠さん可愛い。

最近、ショートカットで目がクリッとしている人は、
波瑠さんか、滝川クリステルさんに見えてしまう。
  
GUの「盗んだバイクで走り出す〜」と歌っている中の一人のようだった。
シュールな笑いを求めるCMが、以前よりも増えているのかも。
そのせいか、多くの人からの理解は得られていないようだ。

表現の自由ではあるが、受け止め方として、
言葉の中の不適切な行動を、咎める人もいるので、なかなか、制作サイドも大変だろうなと、思う。
  

カラオケで歌う歌の詩について。

非常に、どうでも良くて個人的な内容です。
  
悲しい歌を歌うことで、カタルシスを得ると言うことを最近、学んだ。
(また、技術的に、主旋律の大きさをカラオケでは調節できるということも、知った)
やしきたかじん「東京」
結構、重い女性の歌詞だ。

『あんたとなら、いつ死んでもかまわへん...』
いきなり、これだよ。
  
でも後半からは、

『本物の愛をくれた』
とか、前向きな内容もあって。
なかなか、悲しき気持ちを3分か5分で言い得ていて、なるほど、ヒットするのは、人の心の柔らかい部分に
ふれているのだろうなと、感じている今日この頃です。
 

お題に伴って、書いて見る

結婚を決めた理由ですか。
  
他の人が、結婚しているのをみて、これぐらいが、妥協点かと考えた。。。
結構、社会的な地位もある職場の人で、才色兼備な女性の人と結婚しているのを見て、これを望むのは、自分には、無理だと考えた。
あるていど、これで、満足しないといけない。
そう考えたから。
  

不毛地帯というドラマで

多部未華子ちゃん可愛いです。

商社が、舞台。
アウトレイジみたいに、役者さんの個性が光る。

    
米倉涼子さんの松本清張ドラマも良かったです。
山崎豊子さんのドラマや映画も、いいです。
孫子の兵法、ドラッカー司馬遼太郎さんの本のように、人間関係や仕事を学ぶサラリーマンに、参考になります。